万葉集789番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集789番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集789番について

歌番号

789番

原文

情八十一|所念可聞|春霞|軽引時二|事之通者

訓読

心ぐく思ほゆるかも春霞たなびく時に言の通へば

かな読み

こころぐく|おもほゆるかも|はるかすみ|たなびくときに|ことのかよへば

カタカナ読み

ココログク|オモホユルカモ|ハルカスミ|タナビクトキニ|コトノカヨヘバ

ローマ字読み|大文字

KOKOROGUKU|OMOHOYURUKAMO|HARUKASUMI|TANABIKUTOKINI|KOTONOKAYOHEBA

ローマ字読み|小文字

kokoroguku|omohoyurukamo|harukasumi|tanabikutokini|kotonokayoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原久須麻呂|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こころぐく,[寛]こころくく,
おもほゆるかも[寛],
はるかすみ[寛],
たなびくときに,[寛]たなひくときに,
ことのかよへば,[寛]ことのかよへは,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました