万葉集651番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集651番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集651番について

歌番号

651番

原文

久堅乃|天露霜|置二家里|宅有人毛|待戀奴濫

訓読

ひさかたの天の露霜置きにけり家なる人も待ち恋ひぬらむ

かな読み

ひさかたの|あめのつゆしも|おきにけり|いへなるひとも|まちこひぬらむ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメノツユシモ|オキニケリ|イヘナルヒトモ|マチコヒヌラム

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMENOTSUYUSHIMO|OKINIKERI|IHENARUHITOMO|MACHIKOHINURAMU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amenotsuyushimo|okinikeri|ihenaruhitomo|machikohinuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめのつゆしも,[寛]あまのつゆしも,
おきにけり[寛],
いへなるひとも,[寛]いへにあるひとも,
まちこひぬらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました