万葉集526番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集526番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集526番について

歌番号

526番

原文

千鳥鳴|佐保乃河瀬之|小浪|止時毛無|吾戀者

訓読

千鳥鳴く佐保の川瀬のさざれ波やむ時もなし我が恋ふらくは

かな読み

ちどりなく|さほのかはせの|さざれなみ|やむときもなし|あがこふらくは

カタカナ読み

チドリナク|サホノカハセノ|サザレナミ|ヤムトキモナシ|アガコフラクハ

ローマ字読み|大文字

CHIDORINAKU|SAHONOKAHASENO|SAZARENAMI|YAMUTOKIMONASHI|AGAKOFURAKUHA

ローマ字読み|小文字

chidorinaku|sahonokahaseno|sazarenami|yamutokimonashi|agakofurakuha

左注|左註

右郎女者佐保大納言卿之女也|初嫁一品穂積皇子|被寵無儔而皇子薨之後時|藤原麻呂大夫娉之郎女焉|郎女家於坂上里|仍族氏号曰坂上郎女也

事項|分類・ジャンル

相聞|藤原麻呂|恋情|贈答|枕詞|動物|枕詞|地名|奈良

校異

特に無し

寛永版本

ちどりなく,[寛]ちとりなく,
さほのかはせの[寛],
さざれなみ,[寛]さされなみ,
やむときもなし[寛],
あがこふらくは,[寛]わかこふらくに,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました