万葉集688番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集688番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集688番について

歌番号

688番

原文

青山乎|横g雲之|灼然|吾共咲為而|人二所知名

訓読

青山を横ぎる雲のいちしろく我れと笑まして人に知らゆな

かな読み

あをやまを|よこぎるくもの|いちしろく|われとゑまして|ひとにしらゆな

カタカナ読み

アヲヤマヲ|ヨコギルクモノ|イチシロク|ワレトヱマシテ|ヒトニシラユナ

ローマ字読み|大文字

AOYAMAO|YOKOGIRUKUMONO|ICHISHIROKU|WARETOEMASHITE|HITONISHIRAYUNA

ローマ字読み|小文字

aoyamao|yokogirukumono|ichishiroku|waretoemashite|hitonishirayuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|尫柜蹋|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あをやまを[寛],
よこぎるくもの,[寛]よこきるくもの,
いちしろく[寛],
われとゑまして,[寛]われとゑみして,
ひとにしらゆな,[寛]ひとにしらるな,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました