万葉集648番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集648番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集648番について

歌番号

648番

原文

不相見而|氣長久成奴|比日者|奈何好去哉|言借吾妹

訓読

相見ずて日長くなりぬこの頃はいかに幸くやいふかし我妹

かな読み

あひみずて|けながくなりぬ|このころは|いかにさきくや|いふかしわぎも

カタカナ読み

アヒミズテ|ケナガクナリヌ|コノコロハ|イカニサキクヤ|イフカシワギモ

ローマ字読み|大文字

AHIMIZUTE|KENAGAKUNARINU|KONOKOROHA|IKANISAKIKUYA|IFUKASHIWAGIMO

ローマ字読み|小文字

ahimizute|kenagakunarinu|konokoroha|ikanisakikuya|ifukashiwagimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞

校異

歌【西】謌【西(訂正復旧)】歌

寛永版本

あひみずて,[寛]あひみすて,
けながくなりぬ,[寛]けなかくなりぬ,
このころは[寛],
いかにさきくや,[寛]いかによしゆきや,
いふかしわぎも,[寛]いふかかしわきも,

巻数

第4巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました