万葉集767番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集767番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集767番について

歌番号

767番

原文

都路乎|遠哉妹之|比来者|得飼飯而雖宿|夢尓不所見来

訓読

都路を遠みか妹がこのころはうけひて寝れど夢に見え来ぬ

かな読み

みやこぢを|とほみかいもが|このころは|うけひてぬれど|いめにみえこぬ

カタカナ読み

ミヤコヂヲ|トホミカイモガ|コノコロハ|ウケヒテヌレド|イメニミエコヌ

ローマ字読み|大文字

MIYAKOJIO|TOHOMIKAIMOGA|KONOKOROHA|UKEHITENUREDO|IMENIMIEKONU

ローマ字読み|小文字

miyakojio|tohomikaimoga|konokoroha|ukehitenuredo|imenimiekonu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|夢|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みやこぢを,[寛]みやこちを,
とほみかいもが,[寛]とほくやいもか,
このころは[寛],
うけひてぬれど,[寛]うけひてぬれと,
いめにみえこぬ,[寛]ゆめにみえこぬ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました