万葉集553番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集553番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集553番について

歌番号

553番

原文

天雲乃|遠隔乃極|遠鷄跡裳|情志行者|戀流物可聞

訓読

天雲のそくへの極み遠けども心し行けば恋ふるものかも

かな読み

あまくもの|そくへのきはみ|とほけども|こころしゆけば|こふるものかも

カタカナ読み

アマクモノ|ソクヘノキハミ|トホケドモ|ココロシユケバ|コフルモノカモ

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONO|SOKUHENOKIHAMI|TOHOKEDOMO|KOKOROSHIYUKEBA|KOFURUMONOKAMO

ローマ字読み|小文字

amakumono|sokuhenokihami|tohokedomo|kokoroshiyukeba|kofurumonokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|羈旅|贈答|恋情

校異

太->大【桂】【元】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あまくもの[寛],
そくへのきはみ,[寛]へたてのきはめ,
とほけども,[寛]とほけとも,
こころしゆけば,[寛]こころしゆけは,
こふるものかも[寛],

巻数

第4巻

作者

丹生女王

タイトルとURLをコピーしました