万葉集585番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集585番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集585番について

歌番号

585番

原文

出而将去|時之波将有乎|故|妻戀為乍|立而可去哉

訓読

出でていなむ時しはあらむをことさらに妻恋しつつ立ちていぬべしや

かな読み

いでていなむ|ときしはあらむを|ことさらに|つまごひしつつ|たちていぬべしや

カタカナ読み

イデテイナム|トキシハアラムヲ|コトサラニ|ツマゴヒシツツ|タチテイヌベシヤ

ローマ字読み|大文字

IDETEINAMU|TOKISHIHAARAMUO|KOTOSARANI|TSUMAGOHISHITSUTSU|TACHITEINUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

ideteinamu|tokishihaaramuo|kotosarani|tsumagohishitsutsu|tachiteinubeshiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋愛

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いでていなむ,[寛]いてていなむ,
ときしはあらむを[寛],
ことさらに[寛],
つまごひしつつ,[寛]つまこひしつつ,
たちていぬべしや,[寛]たちてゆくへしや,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました