万葉集712番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集712番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集712番について

歌番号

712番

原文

味酒呼|三輪之祝我|忌杉|手觸之罪歟|君二遇難寸

訓読

味酒を三輪の祝がいはふ杉手触れし罪か君に逢ひかたき

かな読み

うまさけを|みわのはふりが|いはふすぎ|てふれしつみか|きみにあひかたき

カタカナ読み

ウマサケヲ|ミワノハフリガ|イハフスギ|テフレシツミカ|キミニアヒカタキ

ローマ字読み|大文字

UMASAKEO|MIWANOHAFURIGA|IHAFUSUGI|TEFURESHITSUMIKA|KIMINIAHIKATAKI

ローマ字読み|小文字

umasakeo|miwanohafuriga|ihafusugi|tefureshitsumika|kiminiahikataki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うまさけを,[寛]うまさかを,
みわのはふりが,[寛]みわのはふりか,
いはふすぎ,[寛]いはふすき,
てふれしつみか[寛],
きみにあひかたき[寛],

巻数

第4巻

作者

丹波大女娘子

タイトルとURLをコピーしました