万葉集575番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集575番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集575番について

歌番号

575番

原文

草香江之|入江二求食|蘆鶴乃|痛多豆多頭思|友無二指天

訓読

草香江の入江にあさる葦鶴のあなたづたづし友なしにして

かな読み

くさかえの|いりえにあさる|あしたづの|あなたづたづし|ともなしにして

カタカナ読み

クサカエノ|イリエニアサル|アシタヅノ|アナタヅタヅシ|トモナシニシテ

ローマ字読み|大文字

KUSAKAENO|IRIENIASARU|ASHITAZUNO|ANATAZUTAZUSHI|TOMONASHINISHITE

ローマ字読み|小文字

kusakaeno|irieniasaru|ashitazuno|anatazutazushi|tomonashinishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|和歌|孤独|羈旅|大阪|地名|動物|序詞

校異

特に無し

寛永版本

くさかえの[寛],
いりえにあさる[寛],
あしたづの,[寛]あしたつの,
あなたづたづし,[寛]あなたつたつし,
ともなしにして[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました