万葉集691番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集691番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集691番について

歌番号

691番

原文

百礒城之|大宮人者|雖多有|情尓乗而|所念妹

訓読

ももしきの大宮人は多かれど心に乗りて思ほゆる妹

かな読み

ももしきの|おほみやひとは|おほかれど|こころにのりて|おもほゆるいも

カタカナ読み

モモシキノ|オホミヤヒトハ|オホカレド|ココロニノリテ|オモホユルイモ

ローマ字読み|大文字

MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOHA|OHOKAREDO|KOKORONINORITE|OMOHOYURUIMO

ローマ字読み|小文字

momoshikino|ohomiyahitoha|ohokaredo|kokoroninorite|omohoyuruimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|枕詞|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ももしきの[寛],
おほみやひとは[寛],
おほかれど,[寛]おほかれと,
こころにのりて[寛],
おもほゆるいも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました