万葉集498番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集498番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集498番について

歌番号

498番

原文

今耳之|行事庭不有|古|人曽益而|哭左倍鳴四

訓読

今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きし

かな読み

いまのみの|わざにはあらず|いにしへの|ひとぞまさりて|ねにさへなきし

カタカナ読み

イマノミノ|ワザニハアラズ|イニシヘノ|ヒトゾマサリテ|ネニサヘナキシ

ローマ字読み|大文字

IMANOMINO|WAZANIHAARAZU|INISHIHENO|HITOZOMASARITE|NENISAHENAKISHI

ローマ字読み|小文字

imanomino|wazanihaarazu|inishiheno|hitozomasarite|nenisahenakishi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|羈旅|和歌山|挽歌発想

校異

特に無し

寛永版本

いまのみの[寛],
わざにはあらず,[寛]わさにはあらす,
いにしへの[寛],
ひとぞまさりて,[寛]ひとそまさりて,
ねにさへなきし[寛],

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました