万葉集748番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集748番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集748番について

歌番号

748番

原文

戀死六|其毛同曽|奈何為二|人目他言|辞痛吾将為

訓読

恋ひ死なむそこも同じぞ何せむに人目人言言痛み我がせむ

かな読み

こひしなむ|そこもおやじぞ|なにせむに|ひとめひとごと|こちたみわがせむ

カタカナ読み

コヒシナム|ソコモオヤジゾ|ナニセムニ|ヒトメヒトゴト|コチタミワガセム

ローマ字読み|大文字

KOHISHINAMU|SOKOMOYAJIZO|NANISEMUNI|HITOMEHITOGOTO|KOCHITAMIWAGASEMU

ローマ字読み|小文字

kohishinamu|sokomoyajizo|nanisemuni|hitomehitogoto|kochitamiwagasemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|尫柜蹋|贈答

校異

特に無し

寛永版本

こひしなむ[寛],
そこもおやじぞ,[寛]それもおなしそ,
なにせむに[寛],
ひとめひとごと,[寛]ひとめひとこと,
こちたみわがせむ,[寛]こちたくわれせむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました