万葉集783番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集783番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集783番について

歌番号

783番

原文

前年之|先年従|至今年|戀跡奈何毛|妹尓相難

訓読

をととしの先つ年より今年まで恋ふれどなぞも妹に逢ひかたき

かな読み

をととしの|さきつとしより|ことしまで|こふれどなぞも|いもにあひかたき

カタカナ読み

ヲトトシノ|サキツトシヨリ|コトシマデ|コフレドナゾモ|イモニアヒカタキ

ローマ字読み|大文字

OTOTOSHINO|SAKITSUTOSHIYORI|KOTOSHIMADE|KOFUREDONAZOMO|IMONIAHIKATAKI

ローマ字読み|小文字

ototoshino|sakitsutoshiyori|kotoshimade|kofuredonazomo|imoniahikataki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|贈答|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

をととしの[寛],
さきつとしより[寛],
ことしまで,[寛]ことしまて,
こふれどなぞも,[寛]こふれとなそも,
いもにあひかたき[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました