万葉集505番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集505番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集505番について

歌番号

505番

原文

今更|何乎可将念|打靡|情者君尓|縁尓之物乎

訓読

今さらに何をか思はむうち靡き心は君に寄りにしものを

かな読み

いまさらに|なにをかおもはむ|うちなびき|こころはきみに|よりにしものを

カタカナ読み

イマサラニ|ナニヲカオモハム|ウチナビキ|ココロハキミニ|ヨリニシモノヲ

ローマ字読み|大文字

IMASARANI|NANIOKAOMOHAMU|UCHINABIKI|KOKOROHAKIMINI|YORINISHIMONO

ローマ字読み|小文字

imasarani|naniokaomohamu|uchinabiki|kokorohakimini|yorinishimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いまさらに[寛],
なにをかおもはむ[寛],
うちなびき,[寛]うちなひき,
こころはきみに[寛],
よりにしものを[寛],

巻数

第4巻

作者

安倍女郎

タイトルとURLをコピーしました