万葉集545番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集545番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集545番について

歌番号

545番

原文

吾背子之|跡履求|追去者|木乃關守伊|将留鴨

訓読

我が背子が跡踏み求め追ひ行かば紀の関守い留めてむかも

かな読み

わがせこが|あとふみもとめ|おひゆかば|きのせきもりい|とどめてむかも

カタカナ読み

ワガセコガ|アトフミモトメ|オヒユカバ|キノセキモリイ|トドメテムカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|ATOFUMIMOTOME|OHIYUKABA|KINOSEKIMORII|TODOMETEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|atofumimotome|ohiyukaba|kinosekimorii|todometemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|代作|行幸|紀伊|和歌山|妻|羈旅|地名|神亀1年10月年紀

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
あとふみもとめ[寛],
おひゆかば,[寛]おひゆかは,
きのせきもりい,[寛]きのせきもりや,
とどめてむかも,[寛]いととめむかも,

巻数

第4巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました