万葉集589番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集589番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集589番について

歌番号

589番

原文

衣手乎|打廻乃里尓|有吾乎|不知曽人者|待跡不来家留

訓読

衣手を打廻の里にある我れを知らにぞ人は待てど来ずける

かな読み

ころもでを|うちみのさとに|あるわれを|しらにぞひとは|まてどこずける

カタカナ読み

コロモデヲ|ウチミノサトニ|アルワレヲ|シラニゾヒトハ|マテドコズケル

ローマ字読み|大文字

KOROMODEO|UCHIMINOSATONI|ARUWAREO|SHIRANIZOHITOHA|MATEDOKOZUKERU

ローマ字読み|小文字

koromodeo|uchiminosatoni|aruwareo|shiranizohitoha|matedokozukeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|待攦|恋情|枕詞|奈良|地名|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ころもでを,[寛]ころもてを,
うちみのさとに,[寛]うちわのさとに,
あるわれを[寛],
しらにぞひとは,[寛]しらてそひとは,
まてどこずける,[寛]まてそこすける,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました