万葉集606番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集606番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集606番について

歌番号

606番

原文

吾毛念|人毛莫忘|多奈和丹|浦吹風之|止時無有

訓読

我れも思ふ人もな忘れおほなわに浦吹く風のやむ時もなし

かな読み

われもおもふ|ひともなわすれ|おほなわに|うらふくかぜの|やむときもなし

カタカナ読み

ワレモオモフ|ヒトモナワスレ|オホナワニ|ウラフクカゼノ|ヤムトキモナシ

ローマ字読み|大文字

WAREMOMOFU|HITOMONAWASURE|OHONAWANI|URAFUKUKAZENO|YAMUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

waremomofu|hitomonawasure|ohonawani|urafukukazeno|yamutokimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

われもおもふ[寛],
ひともなわすれ,[寛]ひともわするな,
おほなわに[寛],
うらふくかぜの,[寛]うらふくかせの,
やむときもなし,[寛]やむときなかれ,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました