万葉集587番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集587番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集587番について

歌番号

587番

原文

吾形見|々管之努波世|荒珠|年之緒長|吾毛将思

訓読

我が形見見つつ偲はせあらたまの年の緒長く我れも偲はむ

かな読み

わがかたみ|みつつしのはせ|あらたまの|としのをながく|われもしのはむ

カタカナ読み

ワガカタミ|ミツツシノハセ|アラタマノ|トシノヲナガク|ワレモシノハム

ローマ字読み|大文字

WAGAKATAMI|MITSUTSUSHINOHASE|ARATAMANO|TOSHINONAGAKU|WAREMOSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

wagakatami|mitsutsushinohase|aratamano|toshinonagaku|waremoshinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|贈答|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

わがかたみ,[寛]わかかたみ,
みつつしのはせ[寛],
あらたまの[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,
われもしのはむ,[寛]われもおもはむ,

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました