万葉集544番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集544番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集544番について

歌番号

544番

原文

後居而|戀乍不有者|木國乃|妹背乃山尓|有益物乎

訓読

後れ居て恋ひつつあらずは紀の国の妹背の山にあらましものを

かな読み

おくれゐて|こひつつあらずは|きのくにの|いもせのやまに|あらましものを

カタカナ読み

オクレヰテ|コヒツツアラズハ|キノクニノ|イモセノヤマニ|アラマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

OKUREITE|KOHITSUTSUARAZUHA|KINOKUNINO|IMOSENOYAMANI|ARAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

okureite|kohitsutsuarazuha|kinokunino|imosenoyamani|aramashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|代作|行幸|紀伊|和歌山|妻|羈旅|地名|神亀1年10月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おくれゐて,[寛]
こひつつあらずは,[寛]こひつつあらすは,
きのくにの[寛],
いもせのやまに[寛],
あらましものを[寛],

巻数

第4巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました