万葉集618番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集618番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集618番について

歌番号

618番

原文

狭夜中尓|友喚千鳥|物念跡|和備居時二|鳴乍本名

訓読

さ夜中に友呼ぶ千鳥物思ふとわびをる時に鳴きつつもとな

かな読み

さよなかに|ともよぶちとり|ものもふと|わびをるときに|なきつつもとな

カタカナ読み

サヨナカニ|トモヨブチトリ|モノモフト|ワビヲルトキニ|ナキツツモトナ

ローマ字読み|大文字

SAYONAKANI|TOMOYOBUCHITORI|MONOMOFUTO|WABIORUTOKINI|NAKITSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

sayonakani|tomoyobuchitori|monomofuto|wabiorutokini|nakitsutsumotona

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|動物|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

さよなかに[寛],
ともよぶちとり,[寛]ともよふちとり,
ものもふと,[寛]ものおもふと,
わびをるときに,[寛]わひたるときに,
なきつつもとな[寛],

巻数

第4巻

作者

大神女郎

タイトルとURLをコピーしました