万葉集620番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集620番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集620番について

歌番号

620番

原文

従元|長謂管|不<令>恃者|如是念二|相益物歟

訓読

初めより長く言ひつつ頼めずはかかる思ひに逢はましものか

かな読み

はじめより|ながくいひつつ|たのめずは|かかるおもひに|あはましものか

カタカナ読み

ハジメヨリ|ナガクイヒツツ|タノメズハ|カカルオモヒニ|アハマシモノカ

ローマ字読み|大文字

HAJIMEYORI|NAGAKUIHITSUTSU|TANOMEZUHA|KAKARUOMOHINI|AHAMASHIMONOKA

ローマ字読み|小文字

hajimeyori|nagakuihitsutsu|tanomezuha|kakaruomohini|ahamashimonoka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|悔恨|怨恨

校異

歌【西】謌|念->令【紀】

寛永版本

はじめより,[寛]はしめより,
ながくいひつつ,[寛]なかくいひつつ,
たのめずは,[寛]たのめすは,
かかるおもひに[寛],
あはましものか[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました