万葉集514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集514番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集514番について

歌番号

514番

原文

吾背子之|盖世流衣之|針目不落|入尓家良之|我情副

訓読

我が背子が着せる衣の針目おちず入りにけらしも我が心さへ

かな読み

わがせこが|けせるころもの|はりめおちず|いりにけらしも|あがこころさへ

カタカナ読み

ワガセコガ|ケセルコロモノ|ハリメオチズ|イリニケラシモ|アガココロサヘ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KESERUKOROMONO|HARIMEOCHIZU|IRINIKERASHIMO|AGAKOKOROSAHE

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|keserukoromono|harimeochizu|irinikerashimo|agakokorosahe

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

歌【西】謌|入【紀】入来

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
けせるころもの,[寛]きせるころもの,
はりめおちず,[寛]はりめおちす,
いりにけらしも,[寛]いりにけらしな,
あがこころさへ,[寛]わかこころさへ,

巻数

第4巻

作者

阿倍女郎

タイトルとURLをコピーしました