万葉集582番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集582番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集582番について

歌番号

582番

原文

大夫毛|如此戀家流乎|幼婦之|戀情尓|比有目八方

訓読

ますらをもかく恋ひけるをたわやめの恋ふる心にたぐひあらめやも

かな読み

ますらをも|かくこひけるを|たわやめの|こふるこころに|たぐひあらめやも

カタカナ読み

マスラヲモ|カクコヒケルヲ|タワヤメノ|コフルココロニ|タグヒアラメヤモ

ローマ字読み|大文字

MASURAOMO|KAKUKOHIKERUO|TAWAYAMENO|KOFURUKOKORONI|TAGUHIARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

masuraomo|kakukohikeruo|tawayameno|kofurukokoroni|taguhiarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ますらをも[寛],
かくこひけるを[寛],
たわやめの,[寛]たをやめの,
こふるこころに[寛],
たぐひあらめやも,[寛]ならへらめやも,

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました