万葉集772番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集772番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集772番について

歌番号

772番

原文

夢尓谷|将所見常吾者|保杼毛友|不相志思<者>|諾不所見<有>武

訓読

夢にだに見えむと我れはほどけども相し思はねばうべ見えずあらむ

かな読み

いめにだに|みえむとわれは|ほどけども|あひしおもはねば|うべみえずあらむ

カタカナ読み

イメニダニ|ミエムトワレハ|ホドケドモ|アヒシオモハネバ|ウベミエズアラム

ローマ字読み|大文字

IMENIDANI|MIEMUTOWAREHA|HODOKEDOMO|AHISHIOMOHANEBA|UBEMIEZUARAMU

ローマ字読み|小文字

imenidani|miemutowareha|hodokedomo|ahishiomohaneba|ubemiezuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|夢|怨恨|贈答

校異

->者【桂】【元】【紀】|->有【桂】【元】【紀】

寛永版本

いめにだに,[寛]ゆめにたに,
みえむとわれは[寛],
ほどけども,[寛]ほとけとも,
あひしおもはねば,[寛]あひしおもはねは,
うべみえずあらむ,[寛]たへみえさらむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました