万葉集697番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集697番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集697番について

歌番号

697番

原文

吾聞尓|繋莫言|苅薦之|乱而念|君之直香曽

訓読

我が聞きに懸けてな言ひそ刈り薦の乱れて思ふ君が直香ぞ

かな読み

わがききに|かけてないひそ|かりこもの|みだれておもふ|きみがただかぞ

カタカナ読み

ワガキキニ|カケテナイヒソ|カリコモノ|ミダレテオモフ|キミガタダカゾ

ローマ字読み|大文字

WAGAKIKINI|KAKETENAIHISO|KARIKOMONO|MIDARETEOMOFU|KIMIGATADAKAZO

ローマ字読み|小文字

wagakikini|kaketenaihiso|karikomono|midareteomofu|kimigatadakazo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

わがききに,[寛]わかきに,
かけてないひそ[寛],
かりこもの[寛],
みだれておもふ,[寛]みたれておもふ,
きみがただかぞ,[寛]きみかたたかそ,

巻数

第4巻

作者

大伴像見

タイトルとURLをコピーしました