万葉集499番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集499番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集499番について

歌番号

499番

原文

百重二物|来及毳常|念鴨|公之使乃|雖見不飽有<武>

訓読

百重にも来及かぬかもと思へかも君が使の見れど飽かずあらむ

かな読み

ももへにも|きしかぬかもと|おもへかも|きみがつかひの|みれどあかずあらむ

カタカナ読み

モモヘニモ|キシカヌカモト|オモヘカモ|キミガツカヒノ|ミレドアカズアラム

ローマ字読み|大文字

MOMOHENIMO|KISHIKANUKAMOTO|OMOHEKAMO|KIMIGATSUKAHINO|MIREDOAKAZUARAMU

ローマ字読み|小文字

momohenimo|kishikanukamoto|omohekamo|kimigatsukahino|miredoakazuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|使者

校異

哉->武【桂】【元】【金】【紀】

寛永版本

ももへにも[寛],
きしかぬかもと,[寛]きをよへかもと,
おもへかも[寛],
きみがつかひの,[寛]きみかつかひの,
みれどあかずあらむ,[寛]みれとあかさらむ,

巻数

第4巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました