万葉集611番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集611番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集611番について

歌番号

611番

原文

今更|妹尓将相八跡|念可聞|幾許吾胸|欝悒将有

訓読

今さらに妹に逢はめやと思へかもここだ我が胸いぶせくあるらむ

かな読み

いまさらに|いもにあはめやと|おもへかも|ここだあがむね|いぶせくあるらむ

カタカナ読み

イマサラニ|イモニアハメヤト|オモヘカモ|ココダアガムネ|イブセクアルラム

ローマ字読み|大文字

IMASARANI|IMONIAHAMEYATO|OMOHEKAMO|KOKODAAGAMUNE|IBUSEKUARURAMU

ローマ字読み|小文字

imasarani|imoniahameyato|omohekamo|kokodaagamune|ibusekuaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|笠女郎|贈答

校異

->歌【西(右書)】【元】【金】

寛永版本

いまさらに[寛],
いもにあはめやと[寛],
おもへかも[寛],
ここだあがむね,[寛]ここたわかむね,
いぶせくあるらむ,[寛]いふかしからむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました