万葉集741番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集741番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集741番について

歌番号

741番

原文

夢之相者|苦有家里|覺而|掻探友|手二毛不所觸者

訓読

夢の逢ひは苦しかりけりおどろきて掻き探れども手にも触れねば

かな読み

いめのあひは|くるしかりけり|おどろきて|かきさぐれども|てにもふれねば

カタカナ読み

イメノアヒハ|クルシカリケリ|オドロキテ|カキサグレドモ|テニモフレネバ

ローマ字読み|大文字

IMENOAHIHA|KURUSHIKARIKERI|ODOROKITE|KAKISAGUREDOMO|TENIMOFURENEBA

ローマ字読み|小文字

imenoahiha|kurushikarikeri|odorokite|kakisaguredomo|tenimofureneba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|遊仙窟|夢|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いめのあひは,[寛]ゆめのあひは,
くるしかりけり[寛],
おどろきて,[寛]おとろきて,
かきさぐれども,[寛]かきさくれとも,
てにもふれねば,[寛]てにもふれねは,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました