万葉集493番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集493番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集493番について

歌番号

493番

原文

置而行者|妹将戀可聞|敷細乃|黒髪布而|長此夜乎|<[田部忌寸櫟子]>

訓読

置きていなば妹恋ひむかも敷栲の黒髪敷きて長きこの夜を|<[田部忌寸櫟子]>

かな読み

おきていなば|いもこひむかも|しきたへの|くろかみしきて|ながきこのよを

カタカナ読み

オキテイナバ|イモコヒムカモ|シキタヘノ|クロカミシキテ|ナガキコノヨヲ

ローマ字読み|大文字

OKITEINABA|IMOKOHIMUKAMO|SHIKITAHENO|KUROKAMISHIKITE|NAGAKIKONOYO

ローマ字読み|小文字

okiteinaba|imokohimukamo|shikitaheno|kurokamishikite|nagakikonoyo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|羈旅|離別|太宰府|任官|呪術|枕詞

校異

->田部忌寸櫟子【元】【細】

寛永版本

おきていなば,[寛]おきていかは,
いもこひむかも,[寛]いもこひむかも,
しきたへの[寛],
くろかみしきて[寛],
ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,

巻数

第4巻

作者

田部櫟子

タイトルとURLをコピーしました