万葉集490番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集490番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集490番について

歌番号

490番

原文

真野之浦乃|与騰<乃>継橋|情由毛|思哉妹之|伊目尓之所見

訓読

真野の浦の淀の継橋心ゆも思へや妹が夢にし見ゆる

かな読み

まののうらの|よどのつぎはし|こころゆも|おもへやいもが|いめにしみゆる

カタカナ読み

マノノウラノ|ヨドノツギハシ|ココロユモ|オモヘヤイモガ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

MANONORANO|YODONOTSUGIHASHI|KOKOROYUMO|OMOHEYAIMOGA|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

manonorano|yodonotsugihashi|kokoroyumo|omoheyaimoga|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|夢|皮肉|誤伝|伝承|序詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->乃【西(右書)】【元】【類】【金】

寛永版本

まののうらの[寛],
よどのつぎはし,[寛]よとのつきはし,
こころゆも[寛],
おもへやいもが,[寛]おもふやいもか,
いめにしみゆる[寛],

巻数

第4巻

作者

吹芡刀自

タイトルとURLをコピーしました