万葉集695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集695番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集695番について

歌番号

695番

原文

戀者今葉|不有常吾羽|念乎|何處戀其|附見繋有

訓読

恋は今はあらじと我れは思へるをいづくの恋ぞつかみかかれる

かな読み

こひはいまは|あらじとわれは|おもへるを|いづくのこひぞ|つかみかかれる

カタカナ読み

コヒハイマハ|アラジトワレハ|オモヘルヲ|イヅクノコヒゾ|ツカミカカレル

ローマ字読み|大文字

KOHIHAIMAHA|ARAJITOWAREHA|OMOHERUO|IZUKUNOKOHIZO|TSUKAMIKAKARERU

ローマ字読み|小文字

kohihaimaha|arajitowareha|omoheruo|izukunokohizo|tsukamikakareru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|自嘲

校異

特に無し

寛永版本

こひはいまは[寛],
あらじとわれは,[寛]あらしとわれは,
おもへるを,[寛]おもひしを,
いづくのこひぞ,[寛]いつこのこひそ,
つかみかかれる[寛],

巻数

第4巻

作者

廣河女王

タイトルとURLをコピーしました