万葉集721番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集721番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集721番について

歌番号

721番

原文

足引乃|山二四居者|風流無三|吾為類和射乎|害目賜名

訓読

あしひきの山にしをれば風流なみ我がするわざをとがめたまふな

かな読み

あしひきの|やまにしをれば|みやびなみ|わがするわざを|とがめたまふな

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマニシヲレバ|ミヤビナミ|ワガスルワザヲ|トガメタマフナ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMANISHIOREBA|MIYABINAMI|WAGASURUWAZAO|TOGAMETAMAFUNA

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamanishioreba|miyabinami|wagasuruwazao|togametamafuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|聖武天皇|佐保|枕詞|地名|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまにしをれば,[寛]やまにしをれは,
みやびなみ,[寛]よしをなみ,
わがするわざを,[寛]わかするわさを,
とがめたまふな,[寛]とかめたまふな,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました