万葉集785番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集785番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集785番について

歌番号

785番

原文

吾屋戸之|草上白久|置露乃|壽母不有惜|妹尓不相有者

訓読

我がやどの草の上白く置く露の身も惜しからず妹に逢はずあれば

かな読み

わがやどの|くさのうへしろく|おくつゆの|みもをしくあらず|いもにあはずあれば

カタカナ読み

ワガヤドノ|クサノウヘシロク|オクツユノ|ミモヲシクアラズ|イモニアハズアレバ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|KUSANOHESHIROKU|OKUTSUYUNO|MIMOSHIKUARAZU|IMONIAHAZUAREBA

ローマ字読み|小文字

wagayadono|kusanoheshiroku|okutsuyuno|mimoshikuarazu|imoniahazuareba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
くさのうへしろく[寛],
おくつゆの[寛],
みもをしくあらず,[寛]いのちもをしからす,
いもにあはずあれば,[寛]いもにあはされは,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました