万葉集570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集570番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集570番について

歌番号

570番

原文

山跡邊|君之立日乃|近付者|野立鹿毛|動而曽鳴

訓読

大和へに君が発つ日の近づけば野に立つ鹿も響めてぞ鳴く

かな読み

やまとへに|きみがたつひの|ちかづけば|のにたつしかも|とよめてぞなく

カタカナ読み

ヤマトヘニ|キミガタツヒノ|チカヅケバ|ノニタツシカモ|トヨメテゾナク

ローマ字読み|大文字

YAMATOHENI|KIMIGATATSUHINO|CHIKAZUKEBA|NONITATSUSHIKAMO|TOYOMETEZONAKU

ローマ字読み|小文字

yamatoheni|kimigatatsuhino|chikazukeba|nonitatsushikamo|toyometezonaku

左注|左註

右二首大典麻田連陽春

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|餞宴|恋情|送別|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

やまとへに,
きみがたつひの,
ちかづけば,
のにたつしかも,
とよめてぞなく

巻数

第4巻

作者

麻田陽春

タイトルとURLをコピーしました