万葉集577番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集577番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集577番について

歌番号

577番

原文

吾衣|人莫著曽|網引為|難波壮士乃|手尓者雖觸

訓読

我が衣人にな着せそ網引する難波壮士の手には触るとも

かな読み

あがころも|ひとになきせそ|あびきする|なにはをとこの|てにはふるとも

カタカナ読み

アガコロモ|ヒトニナキセソ|アビキスル|ナニハヲトコノ|テニハフルトモ

ローマ字読み|大文字

AGAKOROMO|HITONINAKISESO|ABIKISURU|NANIHAOTOKONO|TENIHAFURUTOMO

ローマ字読み|小文字

agakoromo|hitoninakiseso|abikisuru|nanihaotokono|tenihafurutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|高安王|大阪|地名|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あがころも,[寛]わかきぬを,
ひとになきせそ[寛],
あびきする,[寛]あひきする,
なにはをとこの[寛],
てにはふるとも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました