万葉集634番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集634番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集634番について

歌番号

634番

原文

家二四手|雖見不飽乎|草枕|客毛妻与|有之乏左

訓読

家にして見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるが羨しさ

かな読み

いへにして|みれどあかぬを|くさまくら|たびにもつまと|あるがともしさ

カタカナ読み

イヘニシテ|ミレドアカヌヲ|クサマクラ|タビニモツマト|アルガトモシサ

ローマ字読み|大文字

IHENISHITE|MIREDOAKANUO|KUSAMAKURA|TABINIMOTSUMATO|ARUGATOMOSHISA

ローマ字読み|小文字

ihenishite|miredoakanuo|kusamakura|tabinimotsumato|arugatomoshisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|湯原王|揶揄|恋情|枕詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

いへにして[寛],
みれどあかぬを,[寛]みれとあかぬを,
くさまくら[寛],
たびにもつまと,[寛]たひにもつまと,
あるがともしさ,[寛]あるかともしさ,

巻数

第4巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました