万葉集507番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集507番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集507番について

歌番号

507番

原文

敷細乃|枕従久<々>流|涙二曽|浮宿乎思家類|戀乃繁尓

訓読

敷栲の枕ゆくくる涙にぞ浮寝をしける恋の繁きに

かな読み

しきたへの|まくらゆくくる|なみたにぞ|うきねをしける|こひのしげきに

カタカナ読み

シキタヘノ|マクラユククル|ナミタニゾ|ウキネヲシケル|コヒノシゲキニ

ローマ字読み|大文字

SHIKITAHENO|MAKURAYUKUKURU|NAMITANIZO|UKINEOSHIKERU|KOHINOSHIGEKINI

ローマ字読み|小文字

shikitaheno|makurayukukuru|namitanizo|ukineoshikeru|kohinoshigekini

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|久->々【元】【金】【紀】

寛永版本

しきたへの[寛],
まくらゆくくる,[寛]まくらをくくる,
なみたにぞ,[寛]なみたにそ,
うきねをしける[寛],
こひのしげきに,[寛]こひのしけきに,

巻数

第4巻

作者

駿河婇女

タイトルとURLをコピーしました