万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集の第2巻を一覧にまとめました。

万葉集の第2巻一覧

85君が行き日長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむ
86かくばかり恋ひつつあらずは高山の磐根しまきて死なましものを
87ありつつも君をば待たむうち靡く我が黒髪に霜の置くまでに
88秋の田の穂の上に霧らふ朝霞いつへの方に我が恋やまむ
89居明かして君をば待たむぬばたまの我が黒髪に霜は降るとも
90君が行き日長くなりぬ山たづの迎へを行かむ待つには待たじ
91妹が家も継ぎて見ましを大和なる大島の嶺に家もあらましを一云妹があたり継ぎても見むに一云家居らましを
92秋山の木の下隠り行く水の我れこそ益さめ御思ひよりは
93玉櫛笥覆ふを安み明けていなば君が名はあれど吾が名し惜しも
94玉櫛笥みむろの山のさな葛さ寝ずはつひに有りかつましじ玉くしげ三室戸山の
95我れはもや安見児得たり皆人の得かてにすとふ安見児得たり
96み薦刈る信濃の真弓我が引かば貴人さびていなと言はむかも禅師
97み薦刈る信濃の真弓引かずして強ひさるわざを知ると言はなくに郎女
98梓弓引かばまにまに寄らめども後の心を知りかてぬかも郎女
99梓弓弦緒取りはけ引く人は後の心を知る人ぞ引く禅師
100東人の荷前の箱の荷の緒にも妹は心に乗りにけるかも禅師
101玉葛実ならぬ木にはちはやぶる神ぞつくといふならぬ木ごとに
102玉葛花のみ咲きてならずあるは誰が恋にあらめ我れ恋ひ思ふを
103我が里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後
104我が岡のおかみに言ひて降らしめし雪のくだけしそこに散りけむ
105我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我れ立ち濡れし
106ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ
107あしひきの山のしづくに妹待つと我れ立ち濡れぬ山のしづくに
108我を待つと君が濡れけむあしひきの山のしづくにならましものを
109大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝し
110大名児を彼方野辺に刈る草の束の間も我れ忘れめや
111いにしへに恋ふる鳥かも弓絃葉の御井の上より鳴き渡り行く
112いにしへに恋ふらむ鳥は霍公鳥けだしや鳴きし我が念へるごと
113み吉野の玉松が枝ははしきかも君が御言を持ちて通はく
114秋の田の穂向きの寄れる片寄りに君に寄りなな言痛くありとも
115後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及かむ道の隈廻に標結へ我が背
116人言を繁み言痛みおのが世にいまだ渡らぬ朝川渡る
117ますらをや片恋せむと嘆けども醜のますらをなほ恋ひにけり
118嘆きつつますらをのこの恋ふれこそ我が髪結ひの漬ちてぬれけれ
119吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかも
120我妹子に恋ひつつあらずは秋萩の咲きて散りぬる花にあらましを
121夕さらば潮満ち来なむ住吉の浅香の浦に玉藻刈りてな
122大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人の子故に
123たけばぬれたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか三方沙弥
124人皆は今は長しとたけと言へど君が見し髪乱れたりとも娘子
125橘の蔭踏む道の八衢に物をぞ思ふ妹に逢はずして三方沙弥
126風流士と我れは聞けるをやど貸さず我れを帰せりおその風流士
127風流士に我れはありけりやど貸さず帰しし我れぞ風流士にはある
128我が聞きし耳によく似る葦の末の足ひく我が背つとめ給ぶべし
129古りにし嫗にしてやかくばかり恋に沈まむ手童のごと恋をだに忍びかねてむ手童のごと
130丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ね
131石見の海角の浦廻を浦なしと人こそ見らめ潟なしと一云礒なしと人こそ見らめよしゑやし浦はなくともよしゑやし潟は一云礒はなくとも鯨魚取り海辺を指して柔田津の荒礒の上にか青なる玉藻沖つ藻朝羽振る風こそ寄せめ夕羽振る波こそ来寄れ波のむたか寄りかく寄り玉藻なす寄り寝し妹を一云はしきよし妹が手本を露霜の置きてし来ればこの道の八十隈ごとに万たびかへり見すれどいや遠に里は離りぬいや高に山も越え来ぬ夏草の思ひ萎へて偲ふらむ妹が門見む靡けこの山
132石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
133笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば
134石見なる高角山の木の間ゆも我が袖振るを妹見けむかも
135つのさはふ石見の海の言さへく唐の崎なる海石にぞ深海松生ふる荒礒にぞ玉藻は生ふる玉藻なす靡き寝し子を深海松の深めて思へどさ寝し夜は幾だもあらず延ふ蔦の別れし来れば肝向ふ心を痛み思ひつつかへり見すれど大船の渡の山の黄葉の散りの乱ひに妹が袖さやにも見えず妻ごもる屋上の一云室上山山の雲間より渡らふ月の惜しけども隠らひ来れば天伝ふ入日さしぬれ大夫と思へる我れも敷栲の衣の袖は通りて濡れぬ
136青駒が足掻きを速み雲居にぞ妹があたりを過ぎて来にける一云あたりは隠り来にける
137秋山に落つる黄葉しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む一云散りな乱ひそ
138石見の海津の浦をなみ浦なしと人こそ見らめ潟なしと人こそ見らめよしゑやし浦はなくともよしゑやし潟はなくとも鯨魚取り海辺を指して柔田津の荒礒の上にか青なる玉藻沖つ藻明け来れば波こそ来寄れ夕されば風こそ来寄れ波のむたか寄りかく寄り玉藻なす靡き我が寝し敷栲の妹が手本を露霜の置きてし来ればこの道の八十隈ごとに万たびかへり見すれどいや遠に里離り来ぬいや高に山も越え来ぬはしきやし我が妻の子が夏草の思ひ萎えて嘆くらむ角の里見む靡けこの山
139石見の海打歌の山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか
140な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむ
141磐白の浜松が枝を引き結びま幸くあらばまた帰り見む
142家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る
143磐代の岸の松が枝結びけむ人は帰りてまた見けむかも
144磐代の野中に立てる結び松心も解けずいにしへ思ほゆ未詳
145鳥翔成あり通ひつつ見らめども人こそ知らね松は知るらむ
146後見むと君が結べる磐代の小松がうれをまたも見むかも
147天の原振り放け見れば大君の御寿は長く天足らしたり
148青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直に逢はぬかも
149人はよし思ひやむとも玉葛影に見えつつ忘らえぬかも
150うつせみし神に堪へねば離れ居て朝嘆く君放り居て我が恋ふる君玉ならば手に巻き持ちて衣ならば脱く時もなく我が恋ふる君ぞ昨夜の夜夢に見えつる
151かからむとかねて知りせば大御船泊てし泊りに標結はましを額田王
152やすみしし我ご大君の大御船待ちか恋ふらむ志賀の唐崎舎人吉年
153鯨魚取り近江の海を沖放けて漕ぎ来る船辺付きて漕ぎ来る船沖つ櫂いたくな撥ねそ辺つ櫂いたくな撥ねそ若草の夫の思ふ鳥立つ
154楽浪の大山守は誰がためか山に標結ふ君もあらなくに
155やすみしし我ご大君の畏きや御陵仕ふる山科の鏡の山に夜はも夜のことごと昼はも日のことごと哭のみを泣きつつありてやももしきの大宮人は行き別れなむ
156みもろの神の神杉已具耳矣自得見監乍共寝ねぬ夜ぞ多き
157三輪山の山辺真麻木綿短か木綿かくのみからに長くと思ひき
158山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく
159やすみしし我が大君の夕されば見したまふらし明け来れば問ひたまふらし神岳の山の黄葉を今日もかも問ひたまはまし明日もかも見したまはましその山を振り放け見つつ夕さればあやに悲しみ明け来ればうらさび暮らし荒栲の衣の袖は干る時もなし
160燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずやも智男雲
161北山にたなびく雲の青雲の星離り行き月を離れて
162明日香の清御原の宮に天の下知らしめししやすみしし我が大君高照らす日の御子いかさまに思ほしめせか神風の伊勢の国は沖つ藻も靡みたる波に潮気のみ香れる国に味凝りあやにともしき高照らす日の御子
163神風の伊勢の国にもあらましを何しか来けむ君もあらなくに
164見まく欲り我がする君もあらなくに何しか来けむ馬疲るるに
165うつそみの人にある我れや明日よりは二上山を弟背と我が見む
166磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君が在りと言はなくに
167天地の初めの時ひさかたの天の河原に八百万千万神の神集ひ集ひいまして神分り分りし時に天照らす日女の命一云さしのぼる日女の命天をば知らしめすと葦原の瑞穂の国を天地の寄り合ひの極み知らしめす神の命と天雲の八重かき別きて一云天雲の八重雲別きて神下しいませまつりし高照らす日の御子は飛ぶ鳥の清御原の宮に神ながら太敷きましてすめろきの敷きます国と天の原岩戸を開き神上り上りいましぬ一云神登りいましにしかば我が大君皇子の命の天の下知らしめしせば春花の貴くあらむと望月の満しけむと天の下食す国四方の人の大船の思ひ頼みて天つ水仰ぎて待つにいかさまに思ほしめせかつれもなき真弓の岡に宮柱太敷きいましみあらかを高知りまして朝言に御言問はさぬ日月の数多くなりぬれそこ故に皇子の宮人ゆくへ知らずも一云さす竹の皇子の宮人ゆくへ知らにす
168ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子の御門の荒れまく惜しも
169あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも
170嶋の宮まがりの池の放ち鳥人目に恋ひて池に潜かず
171高照らす我が日の御子の万代に国知らさまし嶋の宮はも
172嶋の宮上の池なる放ち鳥荒びな行きそ君座さずとも
173高照らす我が日の御子のいましせば島の御門は荒れずあらましを
174外に見し真弓の岡も君座せば常つ御門と侍宿するかも
175夢にだに見ずありしものをおほほしく宮出もするかさ桧の隈廻を
176天地とともに終へむと思ひつつ仕へまつりし心違ひぬ
177朝日照る佐田の岡辺に群れ居つつ我が泣く涙やむ時もなし
178み立たしの島を見る時にはたづみ流るる涙止めぞかねつる
179橘の嶋の宮には飽かぬかも佐田の岡辺に侍宿しに行く
180み立たしの島をも家と棲む鳥も荒びな行きそ年かはるまで
181み立たしの島の荒礒を今見れば生ひざりし草生ひにけるかも
182鳥座立て飼ひし雁の子巣立ちなば真弓の岡に飛び帰り来ね
183我が御門千代とことばに栄えむと思ひてありし我れし悲しも
184東のたぎの御門に侍へど昨日も今日も召す言もなし
185水伝ふ礒の浦廻の岩つつじ茂く咲く道をまたも見むかも
186一日には千たび参りし東の大き御門を入りかてぬかも
187つれもなき佐田の岡辺に帰り居ば島の御階に誰れか住まはむ
188朝ぐもり日の入り行けばみ立たしの島に下り居て嘆きつるかも
189朝日照る嶋の御門におほほしく人音もせねばまうら悲しも
190真木柱太き心はありしかどこの我が心鎮めかねつも
191けころもを時かたまけて出でましし宇陀の大野は思ほえむかも
192朝日照る佐田の岡辺に泣く鳥の夜哭きかへらふこの年ころを
193畑子らが夜昼といはず行く道を我れはことごと宮道にぞする
194飛ぶ鳥の明日香の川の上つ瀬に生ふる玉藻は下つ瀬に流れ触らばふ玉藻なすか寄りかく寄り靡かひし嬬の命のたたなづく柔肌すらを剣太刀身に添へ寝ねばぬばたまの夜床も荒るらむ一云荒れなむそこ故に慰めかねてけだしくも逢ふやと思ひて一云君も逢ふやと玉垂の越智の大野の朝露に玉藻はひづち夕霧に衣は濡れて草枕旅寝かもする逢はぬ君故
195敷栲の袖交へし君玉垂の越智野過ぎ行くまたも逢はめやも一云越智野に過ぎぬ
196飛ぶ鳥の明日香の川の上つ瀬に石橋渡し一云石なみ下つ瀬に打橋渡す石橋に一云石なみに生ひ靡ける玉藻もぞ絶ゆれば生ふる打橋に生ひををれる川藻もぞ枯るれば生ゆるなにしかも我が大君の立たせば玉藻のもころ臥やせば川藻のごとく靡かひし宜しき君が朝宮を忘れたまふや夕宮を背きたまふやうつそみと思ひし時に春へは花折りかざし秋立てば黄葉かざし敷栲の袖たづさはり鏡なす見れども飽かず望月のいやめづらしみ思ほしし君と時々出でまして遊びたまひし御食向ふ城上の宮を常宮と定めたまひてあぢさはふ目言も絶えぬしかれかも一云そこをしもあやに悲しみぬえ鳥の片恋づま一云しつつ朝鳥の一云朝霧の通はす君が夏草の思ひ萎えて夕星のか行きかく行き大船のたゆたふ見れば慰もる心もあらずそこ故に為むすべ知れや音のみも名のみも絶えず天地のいや遠長く偲ひ行かむ御名に懸かせる明日香川万代までにはしきやし我が大君の形見かここを
197明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水ものどにかあらまし一云水の淀にかあらまし
198明日香川明日だに一云さへ見むと思へやも一云思へかも我が大君の御名忘れせぬ一云御名忘らえぬ
199かけまくもゆゆしきかも一云ゆゆしけれども言はまくもあやに畏き明日香の真神の原にひさかたの天つ御門を畏くも定めたまひて神さぶと磐隠りますやすみしし我が大君のきこしめす背面の国の真木立つ不破山超えて高麗剣和射見が原の仮宮に天降りいまして天の下治めたまひ一云掃ひたまひて食す国を定めたまふと鶏が鳴く東の国の御いくさを召したまひてちはやぶる人を和せと奉ろはぬ国を治めと一云掃へと皇子ながら任したまへば大御身に大刀取り佩かし大御手に弓取り持たし御軍士を率ひたまひ整ふる鼓の音は雷の声と聞くまで吹き鳴せる小角の音も一云笛の音は敵見たる虎か吼ゆると諸人のおびゆるまでに一云聞き惑ふまでささげたる幡の靡きは冬こもり春さり来れば野ごとにつきてある火の一云冬こもり春野焼く火の風の共靡くがごとく取り持てる弓弭の騒きみ雪降る冬の林に一云木綿の林つむじかもい巻き渡ると思ふまで聞きの畏く一云諸人の見惑ふまでに引き放つ矢の繁けく大雪の乱れて来れ一云霰なすそちより来ればまつろはず立ち向ひしも露霜の消なば消ぬべく行く鳥の争ふはしに一云朝霜の消なば消とふにうつせみと争ふはしに渡会の斎きの宮ゆ神風にい吹き惑はし天雲を日の目も見せず常闇に覆ひ賜ひて定めてし瑞穂の国を神ながら太敷きましてやすみしし我が大君の天の下申したまへば万代にしかしもあらむと一云かくしもあらむと木綿花の栄ゆる時に我が大君皇子の御門を一云刺す竹の皇子の御門を神宮に装ひまつりて使はしし御門の人も白栲の麻衣着て埴安の御門の原にあかねさす日のことごと獣じものい匍ひ伏しつつぬばたまの夕になれば大殿を振り放け見つつ鶉なすい匍ひ廻り侍へど侍ひえねば春鳥のさまよひぬれば嘆きもいまだ過ぎぬに思ひもいまだ尽きねば言さへく百済の原ゆ神葬り葬りいましてあさもよし城上の宮を常宮と高く奉りて神ながら鎮まりましぬしかれども我が大君の万代と思ほしめして作らしし香具山の宮万代に過ぎむと思へや天のごと振り放け見つつ玉たすき懸けて偲はむ畏かれども
200ひさかたの天知らしぬる君故に日月も知らず恋ひわたるかも
201埴安の池の堤の隠り沼のゆくへを知らに舎人は惑ふ
202哭沢の神社に三輪据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬ
203降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の塞なさまくに
204やすみしし我が大君高照らす日の御子ひさかたの天つ宮に神ながら神といませばそこをしもあやに畏み昼はも日のことごと夜はも夜のことごと伏し居嘆けど飽き足らぬかも
205大君は神にしませば天雲の五百重が下に隠りたまひぬ
206楽浪の志賀さざれ波しくしくに常にと君が思ほせりける
207天飛ぶや軽の道は我妹子が里にしあればねもころに見まく欲しけどやまず行かば人目を多み数多く行かば人知りぬべみさね葛後も逢はむと大船の思ひ頼みて玉かぎる岩垣淵の隠りのみ恋ひつつあるに渡る日の暮れぬるがごと照る月の雲隠るごと沖つ藻の靡きし妹は黄葉の過ぎて去にきと玉梓の使の言へば梓弓音に聞きて一云音のみ聞きて言はむすべ為むすべ知らに音のみを聞きてありえねば我が恋ふる千重の一重も慰もる心もありやと我妹子がやまず出で見し軽の市に我が立ち聞けば玉たすき畝傍の山に鳴く鳥の声も聞こえず玉桙の道行く人もひとりだに似てし行かねばすべをなみ妹が名呼びて袖ぞ振りつる一云名のみを聞きてありえねば
208秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも一云道知らずして
209黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆ
210うつせみと思ひし時に一云うつそみと思ひし取り持ちて我がふたり見し走出の堤に立てる槻の木のこちごちの枝の春の葉の茂きがごとく思へりし妹にはあれど頼めりし子らにはあれど世間を背きしえねばかぎるひの燃ゆる荒野に白栲の天領巾隠り鳥じもの朝立ちいまして入日なす隠りにしかば我妹子が形見に置けるみどり子の乞ひ泣くごとに取り与ふ物しなければ男じもの脇ばさみ持ち我妹子とふたり我が寝し枕付く妻屋のうちに昼はもうらさび暮らし夜はも息づき明かし嘆けども為むすべ知らに恋ふれども逢ふよしをなみ大鳥の羽がひの山に我が恋ふる妹はいますと人の言へば岩根さくみてなづみ来しよけくもぞなきうつせみと思ひし妹が玉かぎるほのかにだにも見えなく思へば
211去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る
212衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなし
213うつそみと思ひし時にたづさはり我がふたり見し出立の百枝槻の木こちごちに枝させるごと春の葉の茂きがごとく思へりし妹にはあれど頼めりし妹にはあれど世間を背きしえねばかぎるひの燃ゆる荒野に白栲の天領巾隠り鳥じもの朝立ちい行きて入日なす隠りにしかば我妹子が形見に置けるみどり子の乞ひ泣くごとに取り与ふ物しなければ男じもの脇ばさみ持ち我妹子と二人我が寝し枕付く妻屋のうちに昼はうらさび暮らし夜は息づき明かし嘆けども為むすべ知らに恋ふれども逢ふよしをなみ大鳥の羽がひの山に汝が恋ふる妹はいますと人の言へば岩根さくみてなづみ来しよけくもぞなきうつそみと思ひし妹が灰にてませば
214去年見てし秋の月夜は渡れども相見し妹はいや年離る
215衾道を引手の山に妹を置きて山道思ふに生けるともなし
216家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕
217秋山のしたへる妹なよ竹のとをよる子らはいかさまに思ひ居れか栲縄の長き命を露こそば朝に置きて夕は消ゆといへ霧こそば夕に立ちて朝は失すといへ梓弓音聞く我れもおほに見しこと悔しきを敷栲の手枕まきて剣太刀身に添へ寝けむ若草のその嬬の子は寂しみか思ひて寝らむ悔しみか思ひ恋ふらむ時ならず過ぎにし子らが朝露のごと夕霧のごと
218楽浪の志賀津の子らが一云志賀の津の子が罷り道の川瀬の道を見れば寂しも
219そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しき
220玉藻よし讃岐の国は国からか見れども飽かぬ神からかここだ貴き天地日月とともに足り行かむ神の御面と継ぎ来る那珂の港ゆ船浮けて我が漕ぎ来れば時つ風雲居に吹くに沖見ればとゐ波立ち辺見れば白波騒く鯨魚取り海を畏み行く船の梶引き折りてをちこちの島は多けど名ぐはし狭岑の島の荒磯面に廬りて見れば波の音の繁き浜辺を敷栲の枕になして荒床にころ臥す君が家知らば行きても告げむ妻知らば来も問はましを玉桙の道だに知らずおほほしく待ちか恋ふらむはしき妻らは
221妻もあらば摘みて食げまし沙弥の山野の上のうはぎ過ぎにけらずや
222沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かも
223鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむ
224今日今日と我が待つ君は石川の峽に一云谷に交りてありといはずやも
225直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむ
226荒波に寄り来る玉を枕に置き我れここにありと誰れか告げなむ
227天離る鄙の荒野に君を置きて思ひつつあれば生けるともなし
228妹が名は千代に流れむ姫島の小松がうれに蘿生すまでに
229難波潟潮干なありそね沈みにし妹が姿を見まく苦しも
230梓弓手に取り持ちてますらをのさつ矢手挟み立ち向ふ高円山に春野焼く野火と見るまで燃ゆる火を何かと問へば玉鉾の道来る人の泣く涙こさめに降れば白栲の衣ひづちて立ち留まり我れに語らくなにしかももとなとぶらふ聞けば哭のみし泣かゆ語れば心ぞ痛き天皇の神の御子のいでましの手火の光りぞここだ照りたる
231高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに
232御笠山野辺行く道はこきだくも繁く荒れたるか久にあらなくに
233高円の野辺の秋萩な散りそね君が形見に見つつ偲はむ
234御笠山野辺ゆ行く道こきだくも荒れにけるかも久にあらなくに
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集211番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集211番について歌番号211番原文去年見而之|秋乃月夜者|雖照|相見之妹者|弥年放訓読去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離るかな読みこぞみてし|あき...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集227番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集227番について歌番号227番原文天離|夷之荒野尓|君乎置而|念乍有者|生刀毛無訓読天離る鄙の荒野に君を置きて思ひつつあれば生けるともなしかな読みあまざかる|ひ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集212番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集212番について歌番号212番原文衾道乎|引手乃山尓|妹乎置而|山徑徃者|生跡毛無訓読衾道を引手の山に妹を置きて山道を行けば生けりともなしかな読みふすまぢを|ひ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集228番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集228番について歌番号228番原文妹之名|千代尓将流|姫嶋之|子松之末尓|蘿生萬代尓訓読妹が名は千代に流れむ姫島の小松がうれに蘿生すまでにかな読みいもがなは|ち...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集213番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集213番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集213番について歌番号213番原文宇都曽臣等|念之時|携手|吾二見之|出立|百兄槻木|虚知期知尓|枝刺有如|春葉|茂如|念有之|妹庭雖在|恃有之|妹庭雖在|世中...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集229番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集229番について歌番号229番原文難波方|塩干勿有曽祢|沈之|妹之光儀乎|見巻苦流思母訓読難波潟潮干なありそね沈みにし妹が姿を見まく苦しもかな読みなにはがた|し...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集214番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集214番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集214番について歌番号214番原文去年見而之|秋月夜者|雖渡|相見之妹者|益年離訓読去年見てし秋の月夜は渡れども相見し妹はいや年離るかな読みこぞみてし|あきのつ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集230番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集230番について歌番号230番原文梓弓|手取持而|大夫之|得物手|立向|高圓山尓|春野焼|野火登見左右|燎火乎|何如問者|玉桙之|道来人乃|泣涙|霂尓落者|白妙...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集215番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集215番について歌番号215番原文衾路|引出山|妹|山路念邇|生刀毛無訓読衾道を引手の山に妹を置きて山道思ふに生けるともなしかな読みふすまぢを|ひきでのやまに|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集231番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集231番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集231番について歌番号231番原文高圓之|野邊乃秋芽子|徒|開香将散|見人無尓訓読高円の野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしにかな読みたかまとの|のへの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集216番について歌番号216番原文家来而|吾屋乎見者|玉床之|外向来|妹木枕訓読家に来て我が屋を見れば玉床の外に向きけり妹が木枕かな読みいへにきて|わがやをみれ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集232番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集232番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集232番について歌番号232番原文御笠山|野邊徃道者|己伎太雲|繁荒有可|久尓有勿國訓読御笠山野辺行く道はこきだくも繁く荒れたるか久にあらなくにかな読みみかさや...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集217番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集217番について歌番号217番原文秋山|下部留妹|奈用竹乃|騰遠依子等者|何方尓|念居可|栲紲之|長命乎|露己曽婆|朝尓置而|夕者|消等言|霧己曽婆|夕立而|明...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集233番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集233番について歌番号233番原文高圓之|野邊乃秋芽子|勿散祢|君之形見尓|見管思奴播武訓読高円の野辺の秋萩な散りそね君が形見に見つつ偲はむかな読みたかまとの|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集218番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集218番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集218番について歌番号218番原文樂浪之|志賀津子等何||罷道之|川瀬道|見者不怜毛訓読楽浪の志賀津の子らが||罷り道の川瀬の道を見れば寂しもかな読みささなみの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集234番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集234番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集234番について歌番号234番原文三笠山|野邊従遊久道|己伎久母|荒尓計類鴨|久尓有名國訓読御笠山野辺ゆ行く道こきだくも荒れにけるかも久にあらなくにかな読みみか...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集219番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集219番について歌番号219番原文天數|凡津子之|相日|於保尓見敷者|今叙悔訓読そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しきかな読みそらかぞふ|おほつの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集220番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集220番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集220番について歌番号220番原文玉藻吉|讃岐國者|國柄加|雖見不飽|神柄加|幾許貴寸|天地|日月與共|満将行|神乃御面跡|次来|中乃水門従|浮而|吾榜来者|時...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集221番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集221番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集221番について歌番号221番原文妻毛有者|採而多宜麻之|美乃山|野上乃宇波疑|過去計良受也訓読妻もあらば摘みて食げまし沙弥の山野の上のうはぎ過ぎにけらずやかな...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集222番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集222番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集222番について歌番号222番原文奥波|来依荒礒乎|色妙乃|枕等巻而|奈世流君香聞訓読沖つ波来寄る荒礒を敷栲の枕とまきて寝せる君かもかな読みおきつなみ|きよるあ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集223番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集223番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集223番について歌番号223番原文鴨山之|磐根之巻有|吾乎鴨|不知等妹之|待乍将有訓読鴨山の岩根しまける我れをかも知らにと妹が待ちつつあるらむかな読みかもやまの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集224番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集224番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集224番について歌番号224番原文今日々々々|吾待君者|石水之|貝尓||交而|有登不言八方訓読今日今日と我が待つ君は石川の峽に||交りてありといはずやもかな読み...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集225番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集225番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集225番について歌番号225番原文直相者|相不勝|石川尓|雲立渡礼|見乍将偲訓読直の逢ひは逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲はむかな読みただのあひは|あひか...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集210番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集210番について歌番号210番原文打蝉等|念之時尓||取持而|吾二人見之|趍出之|堤尓立有|槻木之|己知碁乃枝之|春葉之|茂之如久|念有之|妹者雖有|之|兒等尓...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集226番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集226番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集226番について歌番号226番原文荒浪尓|縁来玉乎|枕尓置|吾此間有跡|誰将告訓読荒波に寄り来る玉を枕に置き我れここにありと誰れか告げなむかな読みあらなみに|よ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集195番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集195番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集195番について歌番号195番原文敷妙乃|袖易之君|玉垂之|越野過去|亦毛将相八方|訓読敷栲の袖交へし君玉垂の越智野過ぎ行くまたも逢はめやも|かな読みしきたへの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集196番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集196番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集196番について歌番号196番原文飛鳥|明日香乃河之|上瀬|石橋渡||下瀬|打橋渡|石橋||生靡留|玉藻毛叙|絶者生流|打橋|生乎為礼流|川藻毛叙|干者波由流|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集197番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集197番について歌番号197番原文明日香川|四我良美渡之|塞益者|進留水母|能杼尓賀有萬思|訓読明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水ものどにかあらまし|かな読...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集198番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集198番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集198番について歌番号198番原文明日香川|明日谷||将見等|念八方||吾王|御名忘世奴|訓読明日香川明日だに||見むと思へやも||我が大君の御名忘れせぬ|かな...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集199番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集199番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集199番について歌番号199番原文文|忌之伎鴨||言久母|綾尓畏伎|明日香乃|真神之原尓|久堅能|天都御門乎|懼母|定賜而|神佐扶跡|磐隠座|八隅知之|吾大王乃...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集200番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集200番について歌番号200番原文久堅之|天所知流|君故尓|日月毛不知|戀渡鴨訓読ひさかたの天知らしぬる君故に日月も知らず恋ひわたるかもかな読みひさかたの|あめ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集201番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集201番について歌番号201番原文安乃|池之堤之|隠沼乃|去方乎不知|舎人者迷惑訓読埴安の池の堤の隠り沼のゆくへを知らに舎人は惑ふかな読みはにやすの|いけのつつ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集202番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集202番について歌番号202番原文哭澤之|神社尓三輪須恵|雖祷祈|我王者|高日所知奴訓読哭沢の神社に三輪据ゑ祈れども我が大君は高日知らしぬかな読みなきさはの|も...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集203番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集203番について歌番号203番原文零雪者|安播尓勿落|吉隠之|猪養乃岡之|塞為巻尓訓読降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の塞なさまくにかな読みふるゆきは|あは...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集204番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集204番について歌番号204番原文安見知之|吾王|高光|日之皇子|久堅乃|天宮尓|神随|神等座者|其乎霜|文尓恐美|晝波毛|日之盡|夜羽毛|夜之盡|臥居雖嘆|飽...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集189番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集189番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集189番について歌番号189番原文日照|嶋乃御門尓|欝悒|人音毛不為者|真浦悲毛訓読朝日照る嶋の御門におほほしく人音もせねばまうら悲しもかな読みあさひてる|しま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集205番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集205番について歌番号205番原文王者|神西座者|天雲之|五百重之下尓|隠賜奴訓読大君は神にしませば天雲の五百重が下に隠りたまひぬかな読みおほきみは|かみにしま...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集190番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集190番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集190番について歌番号190番原文真木柱|太心者|有之香杼|此吾心|鎮目金津毛訓読真木柱太き心はありしかどこの我が心鎮めかねつもかな読みまきばしら|ふときこころ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集206番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集206番について歌番号206番原文神樂之|志賀左射礼浪|敷布尓|常丹跡君之|所念有計類訓読楽浪の志賀さざれ波しくしくに常にと君が思ほせりけるかな読みささなみの|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集191番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集191番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集191番について歌番号191番原文毛許呂裳遠|春冬片設而|幸之|宇陀乃大野者|所念武鴨訓読けころもを時かたまけて出でましし宇陀の大野は思ほえむかもかな読みけころ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集207番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集207番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集207番について歌番号207番原文天飛也|軽路者|吾妹兒之|里尓思有者|懃|欲見騰|不已行者|入目乎多見|真根久徃者|人應知見|狭根葛|後毛将相等|大船之|思憑...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集192番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集192番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集192番について歌番号192番原文朝日照|佐太乃岡邊尓|鳴鳥之|夜鳴變布|此年己呂乎訓読朝日照る佐田の岡辺に泣く鳥の夜哭きかへらふこの年ころをかな読みあさひてる...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集208番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集208番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集208番について歌番号208番原文秋山之|黄葉乎茂|迷流|妹乎将求|山道不知母|訓読秋山の黄葉を茂み惑ひぬる妹を求めむ山道知らずも|かな読みあきやまの|もみちを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集193番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集193番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集193番について歌番号193番原文八多篭良我|夜晝登不云|行路乎|吾者皆悉|宮道叙為訓読畑子らが夜昼といはず行く道を我れはことごと宮道にぞするかな読みはたこらが...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集209番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集209番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集209番について歌番号209番原文黄葉之|落去奈倍尓|玉梓之|使乎見者|相日所念訓読黄葉の散りゆくなへに玉梓の使を見れば逢ひし日思ほゆかな読みもみちばの|ちりゆ...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集194番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集194番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集194番について歌番号194番原文飛鳥|明日香乃河之|上瀬尓|生玉藻者|下瀬尓|流觸經|玉藻成|彼依此依|靡相之|嬬乃命乃|多田名附|柔尚乎|劔刀|於身副不寐者...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集180番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集180番について歌番号180番原文御立為之|嶋乎母家跡|住鳥毛|荒備勿行|年替左右訓読み立たしの島をも家と棲む鳥も荒びな行きそ年かはるまでかな読みみたたしの|し...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集181番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集181番について歌番号181番原文御立為之|嶋之荒礒乎|今見者|不生有之草|生尓来鴨訓読み立たしの島の荒礒を今見れば生ひざりし草生ひにけるかもかな読みみたたしの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集182番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集182番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集182番について歌番号182番原文鳥M立|飼之鴈乃兒|栖立者|檀岡尓|飛反来年訓読鳥座立て飼ひし雁の子巣立ちなば真弓の岡に飛び帰り来ねかな読みとぐらたて|かひし...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集183番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集183番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集183番について歌番号183番原文吾御門|千代常登婆尓|将榮等|念而有之|吾志悲毛訓読我が御門千代とことばに栄えむと思ひてありし我れし悲しもかな読みわがみかど|...
タイトルとURLをコピーしました