万葉集112番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集112番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集112番について

歌番号

112番

原文

古尓|戀良武鳥者|霍公鳥|盖哉鳴之|吾<念>流<碁>騰

訓読

いにしへに恋ふらむ鳥は霍公鳥けだしや鳴きし我が念へるごと

かな読み

いにしへに|こふらむとりは|ほととぎす|けだしやなきし|あがもへるごと

カタカナ読み

イニシヘニ|コフラムトリハ|ホトトギス|ケダシヤナキシ|アガモヘルゴト

ローマ字読み|大文字

INISHIHENI|KOFURAMUTORIHA|HOTOTOGISU|KEDASHIYANAKISHI|AGAMOHERUGOTO

ローマ字読み|小文字

inishiheni|kofuramutoriha|hototogisu|kedashiyanakishi|agamoherugoto

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|弓削皇子|贈答|懐古|吉野|行幸|動物|持統

校異

戀->念【元】【金】【類】【紀】|其->碁【紀】

寛永版本

いにしへに[寛],
こふらむとりは[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
けだしやなきし,[寛]けたしやなきし,
あがもへるごと,[寛]わかこふること,

巻数

第2巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました