万葉集97番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集97番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集97番について

歌番号

97番

原文

三薦苅|信濃乃真弓|不引為而|強<佐>留行事乎|知跡言莫君二|[郎女]

訓読

み薦刈る信濃の真弓引かずして強ひさるわざを知ると言はなくに|[郎女]

かな読み

みこもかる|しなぬのまゆみ|ひかずして|しひさるわざを|しるといはなくに

カタカナ読み

ミコモカル|シナヌノマユミ|ヒカズシテ|シヒサルワザヲ|シルトイハナクニ

ローマ字読み|大文字

MIKOMOKARU|SHINANUNOMAYUMI|HIKAZUSHITE|SHIHISARUWAZAO|SHIRUTOIHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

mikomokaru|shinanunomayumi|hikazushite|shihisaruwazao|shirutoihanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|久米禅師|歌垣|拒否|掛醎合媿歌|比喩|枕詞

校異

作->佐【元】【金】【類】

寛永版本

みこもかる,[寛]みくさかる,
しなぬのまゆみ,[寛]しなののまゆみ,
ひかずして,[寛]ひかすして,
しひさるわざを,[寛]しひさるわさを,
しるといはなくに[寛],

巻数

第2巻

作者

石川郎女

タイトルとURLをコピーしました