万葉集113番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集113番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集113番について

歌番号

113番

原文

三吉野乃|玉松之枝者|波思吉香聞|君之御言乎|持而加欲波久

訓読

み吉野の玉松が枝ははしきかも君が御言を持ちて通はく

かな読み

みよしのの|たままつがえは|はしきかも|きみがみことを|もちてかよはく

カタカナ読み

ミヨシノノ|タママツガエハ|ハシキカモ|キミガミコトヲ|モチテカヨハク

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|TAMAMATSUGAEHA|HASHIKIKAMO|KIMIGAMIKOTO|MOCHITEKAYOHAKU

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|tamamatsugaeha|hashikikamo|kimigamikoto|mochitekayohaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|弓削皇子|吉野|行幸|地名|植物|持統

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
たままつがえは,[寛]たままつかえは,
はしきかも[寛],
きみがみことを,[寛]きみかみことを,
もちてかよはく[寛],

巻数

第2巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました