万葉集203番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集203番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集203番について

歌番号

203番

原文

零雪者|安播尓勿落|吉隠之|猪養乃岡之|塞為巻尓

訓読

降る雪はあはにな降りそ吉隠の猪養の岡の塞なさまくに

かな読み

ふるゆきは|あはになふりそ|よなばりの|ゐかひのをかの|せきなさまくに

カタカナ読み

フルユキハ|アハニナフリソ|ヨナバリノ|ヰカヒノヲカノ|セキナサマクニ

ローマ字読み|大文字

FURUYUKIHA|AHANINAFURISO|YONABARINO|IKAHINOKANO|SEKINASAMAKUNI

ローマ字読み|小文字

furuyukiha|ahaninafuriso|yonabarino|ikahinokano|sekinasamakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|但馬皇女|初瀬|名張|地名

校異

塞【金】(塙)(楓)寒|為【桧嬬手】(塙)(楓)有

寛永版本

ふるゆきは[寛],
あはになふりそ[寛],
よなばりの,[寛]よこもりの,
ゐかひのをかの[寛],
せきなさまくに,

巻数

第2巻

作者

穂積皇子

タイトルとURLをコピーしました