万葉集160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集160番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集160番について

歌番号

160番

原文

燃火物|取而褁而|福路庭|入澄不言八面|智男雲

訓読

燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずやも智男雲

かな読み

もゆるひも|とりてつつみて|ふくろには|いるといはずやも|***

カタカナ読み

モユルヒモ|トリテツツミテ|フクロニハ|イルトイハズヤモ|***

ローマ字読み|大文字

MOYURUHIMO|TORITETSUTSUMITE|FUKURONIHA|IRUTOIHAZUYAMO|***

ローマ字読み|小文字

moyuruhimo|toritetsutsumite|fukuroniha|irutoihazuyamo|***

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天武天皇|難解|難訓|一書

校異

澄【古】登(塙)燈

寛永版本

もゆるひも,[寛]ともしひも,
とりてつつみて[寛],
ふくろには[寛],
いるといはずやも,[寛]いるといはすや,
***,[寛]もちをのこくも,

巻数

第2巻

作者

持統天皇

タイトルとURLをコピーしました