万葉集146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集146番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集146番について

歌番号

146番

原文

後将見跡|君之結有|磐代乃|子松之宇礼乎|又将見香聞

訓読

後見むと君が結べる磐代の小松がうれをまたも見むかも

かな読み

のちみむと|きみがむすべる|いはしろの|こまつがうれを|またもみむかも

カタカナ読み

ノチミムト|キミガムスベル|イハシロノ|コマツガウレヲ|マタモミムカモ

ローマ字読み|大文字

NOCHIMIMUTO|KIMIGAMUSUBERU|IHASHIRONO|KOMATSUGAUREO|MATAMOMIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

nochimimuto|kimigamusuberu|ihashirono|komatsugaureo|matamomimukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|柿本人麻呂歌集|結び松|和歌山|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

のちみむと[寛],
きみがむすべる,[寛]きみかむすへる,
いはしろの[寛],
こまつがうれを,[寛]こまつかうれを,
またもみむかも,[寛]またみけむかも,

巻数

第2巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました