万葉集226番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集226番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集226番について

歌番号

226番

原文

荒浪尓|縁来玉乎|枕尓置|吾此間有跡|誰将告

訓読

荒波に寄り来る玉を枕に置き我れここにありと誰れか告げなむ

かな読み

あらなみに|よりくるたまを|まくらにおき|われここにありと|たれかつげなむ

カタカナ読み

アラナミニ|ヨリクルタマヲ|マクラニオキ|ワレココニアリト|タレカツゲナム

ローマ字読み|大文字

ARANAMINI|YORIKURUTAMAO|MAKURANIOKI|WAREKOKONIARITO|TAREKATSUGENAMU

ローマ字読み|小文字

aranamini|yorikurutamao|makuranioki|warekokoniarito|tarekatsugenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

柿本人麻呂|追悼|歌語り

校異

特に無し

寛永版本

あらなみに[寛],
よりくるたまを[寛],
まくらにおき,[寛]まくらにて,
われここにありと,[寛]われここなりと,
たれかつげなむ,[寛]たれかつけなむ,

巻数

第2巻

作者

丹比真人

タイトルとURLをコピーしました