万葉集164番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集164番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集164番について

歌番号

164番

原文

欲見|吾為君毛|不有尓|奈何可来計武|馬疲尓

訓読

見まく欲り我がする君もあらなくに何しか来けむ馬疲るるに

かな読み

みまくほり|わがするきみも|あらなくに|なにしかきけむ|うまつかるるに

カタカナ読み

ミマクホリ|ワガスルキミモ|アラナクニ|ナニシカキケム|ウマツカルルニ

ローマ字読み|大文字

MIMAKUHORI|WAGASURUKIMIMO|ARANAKUNI|NANISHIKAKIKEMU|UMATSUKARURUNI

ローマ字読み|小文字

mimakuhori|wagasurukimimo|aranakuni|nanishikakikemu|umatsukaruruni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|大津皇子|歌語り|哀悼|飛鳥|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みまくほり[寛],
わがするきみも,[寛]わかせしきみも,
あらなくに[寛],
なにしかきけむ,[寛]なににかきなむ,
うまつかるるに,[寛]うまつからしに,

巻数

第2巻

作者

大伯皇女

タイトルとURLをコピーしました