万葉集168番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集168番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集168番について

歌番号

168番

原文

久堅乃|天見如久|仰見之|皇子乃御門之|荒巻惜毛

訓読

ひさかたの天見るごとく仰ぎ見し皇子の御門の荒れまく惜しも

かな読み

ひさかたの|あめみるごとく|あふぎみし|みこのみかどの|あれまくをしも

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメミルゴトク|アフギミシ|ミコノミカドノ|アレマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMEMIRUGOTOKU|AFUGIMISHI|MIKONOMIKADONO|AREMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amemirugotoku|afugimishi|mikonomikadono|aremakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|殯宮挽歌|異伝|高市皇子|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめみるごとく,[寛]あめみることく,
あふぎみし,[寛]あふきみし,
みこのみかどの,[寛]みこのみかとの,
あれまくをしも[寛],

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました