万葉集228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集228番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集228番について

歌番号

228番

原文

妹之名<者>|千代尓将流|姫嶋之|子松之末尓|蘿生萬代尓

訓読

妹が名は千代に流れむ姫島の小松がうれに蘿生すまでに

かな読み

いもがなは|ちよにながれむ|ひめしまの|こまつがうれに|こけむすまでに

カタカナ読み

イモガナハ|チヨニナガレム|ヒメシマノ|コマツガウレニ|コケムスマデニ

ローマ字読み|大文字

IMOGANAHA|CHIYONINAGAREMU|HIMESHIMANO|KOMATSUGAURENI|KOKEMUSUMADENI

ローマ字読み|小文字

imoganaha|chiyoninagaremu|himeshimano|komatsugaureni|kokemusumadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|姫島|行路死人|歌語り|大阪|地名

校異

->者【西(右書)】【金】【類】【古】

寛永版本

いもがなは,[寛]いもかなは,
ちよにながれむ,[寛]ちよになかれむ,
ひめしまの,[寛]ひめしまか,
こまつがうれに,[寛]こまつのうれに,
こけむすまでに,[寛]こけむすまてに,

巻数

第2巻

作者

河辺宮人

タイトルとURLをコピーしました