万葉集98番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集98番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集98番について

歌番号

98番

原文

梓弓|引者随意|依目友|後心乎|知勝奴鴨|[郎女]

訓読

梓弓引かばまにまに寄らめども後の心を知りかてぬかも|[郎女]

かな読み

あづさゆみ|ひかばまにまに|よらめども|のちのこころを|しりかてぬかも

カタカナ読み

アヅサユミ|ヒカバマニマニ|ヨラメドモ|ノチノココロヲ|シリカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|HIKABAMANIMANI|YORAMEDOMO|NOCHINOKOKORO|SHIRIKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

azusayumi|hikabamanimani|yoramedomo|nochinokokoro|shirikatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|久米禅師|歌垣|掛醎合媿歌|比喩

校異

特に無し

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
ひかばまにまに,[寛]ひかはまにまに,
よらめども,[寛]よらめとも,
のちのこころを[寛],
しりかてぬかも[寛],

巻数

第2巻

作者

石川郎女

タイトルとURLをコピーしました